概要

東京大学医学部附属病院小児科及びアレルギー・リウマチ内科は、日常の臨床現場で診断がつかない患者さんに対して遺伝子検査を含めた追加検査を行い、診断の確定を目指す研究(未診断疾患イニシアチブ、IRUD)の拠点病院の一つです。小児患者の診療については小児科、成人患者の診療についてはアレルギー・リウマチ内科が担当します。

IRUDでは、患者さんを普段診察するかかりつけ医の紹介を受けて、拠点病院の IRUD診断委員会においてそれぞれの患者さんの病状について専門的な検討を行った後、必要に応じて遺伝子検査等の追加解析結果を含めて診断の確定を目指します。


患者様・ご家族の方へ

東大病院IRUDへの参加を希望される患者さんは、かかりつけの医師から東京大学医学部附属病院小児科(小児症例)もしくはアレルギー・リウマチ内科(成人症例)宛てに紹介状(コンサルトシート(45KB エクセル形式))を御依頼ください。

医療従事者の方へ

IRUDへの紹介をご検討頂きたい基準は下記の通りです。ご紹介の際には、コンサルトシート(45KB エクセル形式)のご利用をお願いいたします。

以下の1又は2を満たし、6ヶ月以上にわたって(乳幼児は除く)持続し、生活に支障のある症状があり、診断がついていない状態。

  1. 2つ以上の臓器にまたがり、一元的に説明できない他覚的所見を有すること。
  2. なんらかの遺伝子異常が疑われる病状であること。(血縁者、兄弟に同じような病状が認められる場合を含む)

お問い合わせ先

東京大学医学部附属病院IRUD事務局
電話番号 03-3815-5411(内線33462)
電子メール irudtky-office@umin.ac.jp

東京大学医学部付属病院小児科